2019年12月の投稿一覧

フロン排出抑制法について

アサヒ冷風乾燥機フロン排出抑制法に関するお知らせ 

 

既に御承知かも知れませんが、御社に納入させて頂いておりますアサヒ冷風乾燥機につきましては20154月より施工されております「フロン排出抑制法」の対象機器となります。

このフロン排出抑制法は、地球温暖化への対策強化の為、フロン類を冷媒として使用している業務用冷凍空調機器について、ライフサイクル(フロン類の製造~使用~廃棄)までの各段階の全ての当事者による適正化を促す措置として法制化されました。

アサヒ冷風乾燥機ご使用の顧客様は機器の適正な管理とフロン類の排出抑制に努めなければなりません。

機器の管理者(所有者)様に義務化されているのは次の通りです。

 


①業務用冷凍空調機器の簡易点検・定期点検の義務化                                         

  簡易点検:全ての業務用冷凍空調機器、3ヶ月に1回以上の簡易点検(目視・異音点検)

  定期点検:7.5kw以上は1年に1回、有資格者による漏えい検査   

②漏えいを発見した場合は、速やかな漏えい箇所の特定及び修理を実施             

③機器の点検・修理やフロン類の充填・回収等の機器整備に関する履歴の記録・保存義務

④算定漏えい量の報告                                                                                          

⑤機器を廃棄する際は、フロン類を回収しなければならない   

 

違反した場合管理者(所有者)様に罰則が科される事となっております。

簡易点検については顧客様での点検は可能ですが、定期点検につきましては、有資格者による点検が必要です。定期点検につきましては、保守契約と併せてご下命賜りますよう、お願い申し上げます。

アーカイブ

▲Pagetop